2019年2月号「百武彗星の夜」井上毅さん

お待たせいたしました、VRプラネタリウム第七回の配信をスタートいたしました!スマートフォンとVRゴーグルによるバーチャル空間でプラネタリウムの楽しさ、素晴らしさをお伝えするこのVRプラネタリウム。第七回はプロの解説員さんによる星空解説をお楽しみいただきます。

※なおVRゴーグルをお持ちでない方は、パソコンやスマートフォンのブラウザだけでもお楽しみいただけますのでご安心ください。詳しくはページ「初めてご訪問の方へ」をご覧ください。

第七回の星空解説者としてお迎えするのは西の名門、日本標準時子午線上に建つ明石市立天文科学館より井上毅館長をお迎えいたしました。ここのプラネタリウムでは国内現役最古の投影機カール・ツァイス・イエナ社製Universal23/3が稼働しており、今なお記録を更新中です。

そしてこの名物投影機を使って行われるのは、個性豊かな解説員さんたちによる生解説。井上さんは館長職にありながらも解説業務を続けられており、数々の企画の仕掛け人としても名高い、まさに天文業界のスーパーマン!そんな井上さんの深い天文知識に裏打ちされた解説は、癒しボイスと昭和の駄洒落(笑)も加わって魅了されるファンも数多し。

今回井上さんのリクエストにより用意されたのは、1996年3月26日0時の星空です。頭上には見慣れない長~い光の帯が……?テーマは歴史に残る大彗星、百武彗星とのことです。どうぞお楽しみください。

 ~VRプラネタリウム 第七回~
「百武彗星の夜」 井上毅

※ 通信状況により音声の読込に最大2分程度時間を要する場合がありました(モバイル回線時、Wi-Fi環境なら平均30秒~1分前後、実測値)、少しだけ気長にお待ちください。現在新システムへの更新を検証中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です